パチスロ『エヴァンゲリオン 決意の刻』を打ってきました!

昨日、スロットのエヴァ決意の刻を打ちました。設置されてしばらく経ってますが、昨日が初打ち。
1000円で赤7引いて、その後は呑まれはしないもののダラダラした展開に嫌気が差し500枚流して止めました。

パチスロ『エヴァンゲリオン 決意の刻』を打った感想

感想としては、「やっぱりかぁ~」って感じ。まずコイン持ちが悪い。感覚的にはジャグラーより回らない気がします。
あとビッグのバランスが悪い。スーパーで300枚チョイではショボ過ぎます。早いゲーム数で連チャンしない限りコインは増えません。
パチスロのエヴァンゲリオンシリーズって、シリーズを重ねるごとにつまらなくなり、設置台数もどんどん減ってますよね。
もうエヴァは終わった気がします。リールがいろいろ動いたり、演出は複雑になってますがスペックは全然ダメですね。

パチスロ『エヴァンゲリオン』の魅力

過去のエヴァの面白さの一つに出目があったと思います。狙うポイントごとにボーナスの種類に対応したリーチ目があったり、ボーナス成立時以外はビタ停止しない場所があったりと、どんな打ち方でも楽しめるのが魅力だったと思います。
パチンコの慶次シリーズもそうですが、作り手は本当に面白いと思ってるんでしょうか?
少しはユーザーがその台のどこに魅力を感じてるのか把握してほしいですね。